忘れない

9月23日は、義姉の命日でした。

 

わたしのヒーラーとしての原点となり

そして今もこれからも大切にしたい思い。

 

人は自分の悲しみに蓋をして生きることが多い。

これは私が、沢山のお話しを聞かせていただいて感じる事。

 

それでいいよ。

だって、そうしないと生きてゆくのが辛すぎたね。

でも、そのことは確かにあったし、

そしてこれからもその事は変わらない。

 

でもその事があったからこそ、今の自分がある。

そんな風に感謝の心で思えることができたら

あなたは人生の醍醐味を知り、

そしてこれからの人生は、きっと幸福に満ちたものになる。

 

思い切って蓋を開けてみよう。

案外過去はあなたに優しく微笑みかけるかもしれない。

そしたらあなたは自分をもっと好きになれる。

 

感謝

Pocket