良心に逆らわないこと

 

今日ふと、数年前のある出来事を思い出しました。

その出来事とは、

 

ハワイの、アラモアナショッピングセンター近くの路上で、

浮浪者らしきお年寄りが、ゴミ箱からタバコを拾おうとしていました。

私は、遠くからその様子をただぼんやり見ていたのですが、

そこに白人の男性が、

おや!

とばかりに近寄り

 

浮浪者の男性の手を取り、

「おお〜マイフレンド!」

と言い、自分の胸に手を当て少し悲しそうな顔をして

お金をそっと手に握らせてあげたのです。

 

そのわずか一瞬の出来事に、とても心を打たれました。

お金を渡すと言う行為について、賛否両論あるかもしれません。

 

でもその様子を見ていて、何だか嬉しくて感動したのです。

そして、私はそのような事ができるだろうか、と考えてみました。

きっと出来ないだろうと思いました。

 

それは何故?

国民性?

女性だから?

 

そのどれも説得力はありません。

きっと、ただ恥ずかしいのです。

 

以前カナダに行った時のことです。

大きなスーツケースをガラガラと音を立てて

でこぼこの道を宿泊のホテルを探しながら、

汗だくで歩いていたら、

 

前から来た若い優しそうな女性が

「お困りですか?お手伝いしましょうか?」

と申し出て下さった事があります。

私がよほど疲れ切った顔をしていたんでしょう。

その事も凄く嬉しかったですね〜。

 

海外に行くと、そうした躊躇なく善意を与えてくださる場面に

出会う事が多いです。

 

見知らぬ人でも、道で目が合うとにっこりと微笑みが返ってくるとか。

 

自分の中の思いを何のてらいもなく出せる事。

自分の良心に逆らわない事。

 

そんな事を感じた朝でした。

 

 

 

 

Pocket

,