夢のお話

 

ある小さな綺麗な村を、

これまた小さな古い電車が走っています。

 

のどかな車窓の景色に心は弾み、

お喋りも楽しく日差しもポカポカ。

 

そうしているうち、景色が変わってきた。

そして、急斜面を登っているのか、電車そのものが傾いてきた。

 

え?

こんな急斜面を登れるの?この電車で。

そう思っているうち、

ズルズルと、バックし始めた

 

この電車には沢山人が乗っているし、古い電車の車両も重い。

一旦平な場所まで戻ってしまってから、どこからか声がした

 

「みんな、急斜面を登る時だけこの手に乗りなさい」

 

そも声の主は誰か分からないけど、

とても優しくて、安心できる声だった。

その差し出された手は、ものすごく大きくて、

電車に乗っている人ほとんど乗る事が出来るほど。

 

多くの人が急斜面に差し掛かった時、その優しくて大きな手に乗った。

そうしたら 車両がその人達の体重分だけ軽くなり、急斜面を何とか超える事が出来た。

 

大きな手に乗った人も、乗らなかった人も

電車に乗り合わせた人全て

無事に急斜面を超えて、目的の場所まで行く事ができたのです。

 

めでたしめでたし。

 

 

今朝方、見た夢の話でした(^^)

この電車が何を意味すると考えるか、きっと人それぞれ違うと思います。

 

1つ言えることは、

今私達は急斜面を登り始めているのかもしれないな、と言うことです。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

 

Pocket

,