いかり

喜び、哀しみと同様に、等しく人の心に住まうもの。

いかり。

 

いかりは何故人の心に時として吹き出すのか。

常日頃、いけない事として心の奥底に沈めているものだから

何かをきっかけに吹き出すもの?

 

何故人はいかるのか?

 

思い通りにならないから?

自分こそが正しいと思っているから?

哀しみが募り、そのエネルギーの塊が

いかりと言うものに変容するのか?

自分との違い、多様性を受け入れられないから?

 

時に人を突き動かし社会を変えるきっかけとなる。

革命がそうだ。

 

では、自然災害に対して人はいかるだろうか。

多分諦める。

何故なら自然にはあらがえず

仕方ない事として、感情は哀しみとして表現される。

 

そしてその感情に私達は寄り添い、

何とか力になりたいと望む。

見て見ぬ振りは、できない。

 

でもきっと人も、自然も一緒。

どんな都会に住んでいても、

私達は自然の中で生かされていて、

その懐に抱かれ、苦しんだり、笑ったり。

人も自然の一部であること。

 

人にも自然にも寄り添う

 

どんな事も人の叡智で乗り越えられる

きっとそれは、自然が教えてくれる。

 

以上が、朝やってきたメッセージでした。

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

,