温故知新

おはようございます。

すっかり初夏を思わせる日々ですね。

やたら眠いのは、身体が調整を必要としているのかなあと思います。

 

先日実家の両親に頼まれてヒーリングに行った時

目についた庭の老梅。

母曰く、

梅の木は強くて、木の皮だけになってしまっている様な姿なのに、健気に毎年花を咲かせるそうです。

 

いつまでも、その時々の自分なりの花を咲かせる。

人としても、ライトワーカーとしてもかくありたい。

 

ちょっと感動したので、写真撮りました。

私が子供の頃からある梅の木ですが、注目したのは初めてです。

私自身が歳をとったという事なんでしょうね。

この梅の木は、下に見える部分が木の塊の様になって根元の方は皮だけの様になっています。樹齢100年以上は経っているそうです。

圧巻でした。

 

それはそうと最近我が家にやってきた、この子。

友人とお伊勢さん参りした帰り道、妙に目があってしまったのです。

「連れて帰って」

そんなメッセージを感じ、私の初 招き猫さんになって頂きました。

温故知新。

 

 

Pocket

,,