錬金術の光のコード

だんだんと、春の気配を感じるようになってきましたね。

 

節分を過ぎ、これから春分の日に向けて

自分の中にある自己否定していた部分や、

他者に投影する事でしか見ることのできなかった自分の深い部分を

見つめるチャンスが多く訪れるかもしれません。

 

でもそれは、決して悪いことではなく、

魂の覚悟とともに

自分が決めてきた、自分への許しのベストタイミングと言えます。

 

見て確認して、そしてリリースしてゆく。

人によっては、体調不良という形であらわされるかもしれません。

私たちの魂は、とても慎重に自分に合った形で行います。

 

でもどうしてもそれが辛い。

無理な気がする。

そんな方のために、満を持してもたらされた

火の錬金術のコード。

 

今まで自分を助けてきてくれたものだけど、

これからの自分には、もう必要のないもの。

感謝してリリースしよう。

、、、と、頭で考えるのは簡単ですが、

深いところでがっつり掴んでいる概念や、諸々の物はかなりやっかいです。

 

 

望む自分の自己実現に向けて。

新たに加わった光のコード。

 

斎場御嶽で写ったレインボードラゴン

 

 

 

 

 

 

Pocket

,