息子と掃除

今日、仕事納めをした息子から電話があった。

 

「一緒に昼メシ行く?」

 

「いいね😊行こう行こう」と私。

 

そんな風に親を気遣ってくれる息子も

反抗期は大変でした。

 

長男に対する私の子育ては、今から思えば全くダメダメ母で、

よくぞ、ちゃんと育ってくれました。

という、長男の自力努力を賞賛するしかない状態でした。

 

その息子が、この度もうすぐ父親になります。

感慨ひとしおです。

 

 

息子とは思春期は、ろくに口をきかなかったけれど、

ある日こんな事を言って私を泣かせたのです。

 

「母さんが疲れているかどうかは、階段が綺麗かどうかでわかるよ」

 

息子は私が一生懸命掃除をした場所を

「キレイだねー」

と言って褒めてくれるような子でしたが

私が掃除をさぼっても決して文句を言わなかったのです。

私の体調を気遣ってくれていたのだと気付かされた言葉でした。

 

今日階段にあったホコリを見て、

電話をくれた息子との、そんな昔の話を思い出していました。

 

子供には、教えてもらうことばかりの今日この頃ですが、

昔からそうだったなあ。

 

思春期を迎えた息子さん、娘さんを持つ親ごさん、

今は大変でも、あなたの子供は大丈夫。

信じてさえいれば、あなた方のところへ

優しい羽根を広げて帰って来てくれます。

本当です。

 

この白いのは埃ではなく、羽根です😊

 

 

 

Pocket