皆既日蝕のエネルギーがもたらしたもの

 

時は過ぎ、

やがて あなたはあなた自身になる

 

ふっとそんな言葉が浮かびました。

 

皆既日蝕と関係あるのかなあ。

 

22日午前3時30分頃、日蝕のエネルギーがピークに達するという事で

なんとかその頃に目覚める事が出来るように祈り眠ったところ、

目覚まし時計無しでぴったりの時間に起きる事が出来ました。

ちょっとびっくりです。

 

1人瞑想を始めると、すぐに

ゆっくりと頭頂部からエネルギーが降ろされました。

柔らかいエネルギーがプラーナ管を綺麗にお掃除するかのように

流れてゆきました。

 

そして、しばらくすると白い光が一瞬見えたかと思うと

その後、柔らかで、軽やかなエネルギーが

内側から体全体へ広がって行きました。

 

これからの新しいエネルギーなのだろうか。

柔らかく、軽やかで優しい。

 

自分の中にあった様々な気がかりが浮かんでは消え、

やがて、ただ優しいエネルギーに包まれ

その後、グランディングを促すエネルギーがやってきました。

 

これからは、今まで以上にグランディングがとても大切なようです。

1時間くらいはエネルギーの中にいたでしょうか。

 

翌朝目覚めた時、

新居に移って少々浮かれ気味だった気持ちはすっかり消え

不思議な事に、もう何十年も住んでいた家のごとくになり、

 

人は人それぞれの幸せを選んで生まれてきたこと。

たとえそれが、今自分にとって幸せと思えなくても、

時が経って、人は気づく。

 

ああ、あの時私は幸せだった、と。

 

そんな気付きをもたらした今回の日蝕。

 

感謝

Pocket