自分の本質に気付く

自分の本質に立ち返る時

 

 

自分を取り巻く現実が、大きな振り幅を持って日々現れる

 

昨日 自分が信じた事が、今日はことごとく覆されて

 

一体何が真実なのか、

 

いつも自分を写していたはずの周りが

 

日々大きく変わっていくのを

 

ただ、眺めるしかない

 

 

どんなに愛しい感覚も

 

どんなに苦しい出来事も

 

どんどん移り変わっていく

 

それだけが真実

 

とどまれない

 

 

私たちはそんな今を生きている

 

瞬間、瞬間、違うパラレルを選んでいるという事はこういう事なのか

 

 

私は一体何者?

 

そんな疑問も全く意味を持たない

 

私は〜である、そう感じた瞬間に

 

その感覚は腕をすり抜けて遠くへ行ってしまう

 

 

私という透明な生き物

 

あなたという透明な生き物

 

ただ在る存在

 

 

役割といういくつもの鎧を脱ぎ捨てて

 

自分の本質に気づく時が来た

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket