ぶれない軸を持つ

オグリキャップという馬について

テレビが取り上げていました。

 

どういう内容なんだろうと、見てみると

 

これが結構涙もの。

 

サラブレッドでもない、二流の血統の馬のサクセスストーリーが

感動的でした。

 

オグリキャップを彼と呼ばせてもらうことにして、

 

彼は、名古屋の地方競馬にいた馬なのだそうです。

地方競馬にいたからこそ、短距離のレースにたくさん出る事が可能で、

鍛え抜いたからこそ、心臓の心拍数が普通の馬の半分くらいのスポーツ心臓だったらしい。

 

しかも彼は、レースとそうでない時のスイッチのオンオフが極めて上手だったとか。

緩む時と緊張する時をちゃんと作っていたのですね。

 

そして何より彼は、走ることに対する思いが全くぶれなかったのだそう。

 

私は競馬には全く興味がなく、馬について無知な人間ですが、

彼の足の怪我を治す為の温泉治療が災いして

スポーツ心臓が普通の心臓に戻ってしまったアクシデントを超えて

引退レースで逆転優勝した時の映像を見て

涙してしまいました。

 

あっぱれな生き様でした。

人間もかくありたい。
いつどんな時もぶれない自分を持つことの美しさ。

彼に教わりました。

 

感謝

Pocket