光の仕事人(ライトワーカー)

トナリテ・セラピールームです。

おはようございます。

今日も暑そうですね。

今朝そんな一日を頑張って乗り越えられるかのような朝焼けを見ました!

IMG_6317

見事にVサイン!

びっくりするくらい神々しかったです。

早起きは三文の得とかいいますが、(古い!年がばれますね)

今朝の4時半はちょっときつかったですが、頑張って起きた価値ありました。

 

ところで、昨日の新規講座のところで大切な部分が漏れていましたので、ブログにも載せた方がいいかなと思い、下記部分追記しました。

宜しくお願いいたします!

 

ー光の仕事人とはー

 

ソフィアラディエンスを使ってのヒーリングセッションは、まさに光の仕事人と呼ぶにふさわしいプロセスがあります。セッション中は光のシャワーをクライアントに降ろし続ける。

そんなイメージですが、その光のセッションのプロセスについて簡単に説明します

まず、バウンダリー(境界線)の光によってクライアントの周りに安全領域を確保します。

1.天と地と人を深く繋げる2本の光を降ろします。

 

2.そこに魂の求める(キリスト意識)の2本の光がダウンロードされます

 

3.そうすると奥深くに眠っていたネガティブな思考が体から離れていきます

 

4.ここで離れた思考についてリーディング結果をお伝えすることにより、更に解     放が進みます

 

5.その後パワフルなヒーリングと浄化のエネルギーの2本の光によって保護します

 

6.そしてテーマとなっている、更に深い信念体系について解放、癒し、再生という 3本の光でヒーリングしてゆきます

 

7.4.と同じようにここでもリーディング結果をお伝えします。

 

8.エネルギーの状態を観察し、癒しの放射的エネルギーが放たれるまで光を降ろし続け見守ります

 

以上の基本のプロセスを11本のソフィアラディエンスの光とシンボルのエネルギー4本を直観に基づいて駆使してゆくことで、強力にサポートし細胞レベルで変容してゆく波動を見守ります。

 

深いエネルギーのブロックが外れると、体の中をエネルギーが綺麗に流れ始めます。そうすると光を感じ使えるようになるだけでなく、人生のステージがシフトしてゆくのです。

光の恩寵により日々気付きの連続という状態になります。

 

 

読んでいただきましてありがとうございました^^。

Pocket