変化の波

足りないものではなく、あるものに意識を置き

変化の波が来たら、怖れを捨て乗る

 

私達はいつも、進み続けることを選択する

時にそれは、一抹のさみしさや、捉えようのない不安を感じても

 

まるで誰かが用意してくれたかのような道だけれど

しかしそれは、大海原に一人投げ出されるような心地でもある

 

そんな、自分自身のコントロールなど効くはずもない流れ

胸の奥で静かにともる、情熱の炎だけを頼りに進む

 

扉があれば開け、山があれば登り、川があれば渡る

いつだって戻る橋は無い

 

小心者の私だけど

そんな生き方を選んできた

 

 

珍しく詩らしきものを書いてみました

変化の波が来ている方、

多分それは、今あなたが順調に宇宙の流れをキャッチしている証拠です

退路を断つくらいの気持ちで進んでみましょう

 

結局どの道を選んでも正解なのだから

チャレンジを選んだ方が楽しいですよね

人

 

 

 

 

Pocket