浄化のプロセスを受け入れる

DSC01456

 

昨日、8月8日ライオンゲートが開いて光のエネルギーが多く注がれたため、

体調不良になっている方が多いというお話をさせていただいたのですが、補足です。

 

私達は、自分の魂の目的のために今動こうとしていますが、エゴが邪魔をして踏みとどまろうとすることが多いです。

そんな時、心は感じることを辞め、慣れた自分の感覚にしがみつこうとするのですが、

もはや進むことを決めた魂の思いはとどまらず、

大量の光のエネルギーを受け取った身体は、感じることを辞めただけ体調不良というような形で解放をしようとします。

これは、実際に私も体験しました。

 

昨年、講座を始めると決めたものの、中々進めなくて躊躇していた時、

激しい咳、鼻水、などの症状に10日間ひどく苦しみました。

心と身体、同じなんですね。

 

講座でもよくお話をするのですが、自分の周りは全て鏡であるということ。

自分にとって不都合を感じる相手に対して、この人は私の鏡となって私に何を映し出してくれているのだろうか。

そんな風に感じ、自分の中でどのあたりがバランスを欠いているのだろうか。

そこがわかると、シフトします。

軽くなり、行動できるようになります。

 

心の浄化はそんな風に起こると考えています。

心で感じるのも、身体で感じるのも辛いには違いありませんが、心を見つめる作業の方が楽かもしれません。

 

浄化のプロセスは時に辛いと感じることもあるでしょうが、超えた時、

本当に悦びに包まれます。

もうひと踏ん張りですよ~。

 

感謝

Pocket