あなたは弱音をはいていい・・

先日のPCトラブルのおかげで、リカバリCDやら捜してゆくうち資料関係を整理をすることになり、なんと学生時代の教員免許取得のための教育実習の資料が出てきた。

 

懐かしくもあるけど、ほぼ恥ずかしい思いで自分が書いていた2週間の日誌とその日誌に対する指導の先生のコメントを読んだ。

 

笑えるところ、泣きそうになるところ、色んな思い出が詰まっていた。当時から、生徒の学習進度より心の健康のほうに注目していたこと。生徒の中にいかに溶け込むかにエネルギーを費やしていたこと。

学校の先生という仕事は選ばなかったけど、今ヒーリングの講座を開くという事をさせていただいていて、人生無駄なことはない。と痛感した。それから、ふっと昔の記憶が、いろいろとよみがえり、感じてみた。私、辛いと弱音を吐くことを知らない人だったかもしれない。

 

特に結婚後3人の子育てに奮闘中のとき、ダメ母さんと自分を責めることはしていても、弱音を吐くことを知らなかった。ただ苦しさの中にいた。そんな気がする。その頃のわが身を思い出し、しばし自己憐憫に浸った。

 

そして思う。子育て真っ最中のお母さん、あなたは自分を責めることなく、苦しいとか、もういやだとか、弱音を吐いて助けを求めていい。母が苦しければ、子供も苦しいのだ。お母さんと子どもの関係って、とっても大事。そしていつでもやり直しはきく。

 

そんなわけで、キッズヒーリング。「光の言葉」や、ソフィアラディエンスのエネルギーによってヒーリングします。ただ今モニター募集中。

興味のある方は、ホームページメニューからどうぞ。

http://soara-m.com

Pocket